ここから本文です

[移籍]PSG、アルゼンチン代表リオ五輪メンバーに選ばれた“ディ・マリア2世”を獲得 本人と共演へ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月27日(水)18時50分配信

アルゼンチンの若手有望株

パリ・サンジェルマンは26日、ロサリオ・セントラルかU-23アルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソを獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月末までの5年間で、年内はレンタルという形でロサリオ・セントラルへ残留するとのことだ。

現在20歳のロ・セルソは、8月に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックのアルゼンチン代表メンバーにも選出。アルゼンチンの若手有望株として期待され、ロサリオ・セントラルのOBであるアンヘル・ディ・マリアの後継者として注目されていた。そんな彼には以前からチェルシーやユヴェントスなど、欧州のビッグクラブが興味を示していたが、PSGが争奪戦に勝利。ディ・マリア2世が本家ディ・マリアと共演することとなった。

クラブの公式サイトを通じてロ・セルソは「サインすることができて本当にうれしいよ。僕はもうすぐ、ヨーロッパで最も偉大なクラブの一つであるパリ・サンジェルマンの一員になることができるんだ。すばらしい選手が多く、ディ・マリアやハビエル・パストーレといった同胞もいる。彼らのように、将来はクラブにとってカギとなる選手になってみせるよ」と移籍の喜びと意気込みを語った。

はたして、ロ・セルソはPSGで輝きを放つことができるのだろうか。まずは8月のオリンピックで結果を残してもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月27日(水)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)