ここから本文です

ドイツ五輪代表は優勝候補、ブンデスの主力選手揃う GKティモ・ホルン「目標は準決勝進出」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月27日(水)19時50分配信

「オリンピックは楽しみ」

GK大国ドイツで若手ナンバー1の実力者といわれるケルンのティモ・ホルンが、リオデジャネイロ・オリンピックに向け意気込みを語った。

ホルンは「基本的にはオリンピックを楽しみにしているよ。大会の重要性については議論があるところだけど、サッカー選手としては貴重な経験だし、メダルを獲得したいと思っている」と語った。ドイツ『kicker』が伝えている。

出場する強豪国はなかなか欧州のビッグクラブで活躍する選手を招集できず苦戦したが、ドイツの五輪代表はオーバーエイジのラース・ベンダーとスヴェン・ベンダーに加え、ドルトムントのマティアス・ギンター など豪華なメンバーが揃った。ホルンも「非常に素晴らしいスタメンが揃うと思う。ブンデスリーガのクラブで主力を担う選手たちがピッチに立つことになる」とし、初戦のメキシコ戦に向け「ディフェンディングチャンピオンのメキシコとの対戦となるが、良い準備をして、メダルを目指してプレイしたい」と意気込んだ。

そして「いつもチャンピオンを目指してきた。メダルを獲得すれば貴重な経験になる」としながらも堅実に「目標は準決勝進出」と語り、「オリンピックの雰囲気を楽しみたい」とコメントしている。ドイツはグループCに所属し、8月4日のメキシコ戦を皮切りに、7日に韓国と10日にフィジーと対戦する予定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月27日(水)19時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]