ここから本文です

リヴァプール加入のマネにマンUも興味を示していた 「僕にとってここが正しいクラブ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/27(水) 23:00配信

ビッグクラブで成功をつかみ取れるか

今夏、リヴァプールに加入したセネガル代表MFサディオ・マネは自身の決断が正しいものだったと確信しているようだ。

サウサンプトンからクラブ史上3番目の高額でリヴァプールへと加わったマネ。一昨季にプレミアリーグデビューすると、昨季はまさに飛躍の一年としている。プレミアリーグ最速となるハットトリックも達成し、多くのクラブが同選手に興味を示していた。その中にはリヴァプールのライバルであるマンチェスター・ユナイテッドも含まれていたという。それについてマネは米『ESPN』でコメントした。

「ああ。それは事実だ。マンチェスター・ユナイテッドだけでなく、多くのクラブが僕に興味を示していた。だけど、リヴァプールが僕に興味を示していると知ってすぐに、そこが正しいクラブだと感じた。ここに来たのは僕にとって正しいと思う」

続けて「リヴァプールは長い歴史を持つ大きなクラブだし、多くのトロフィーを獲得してきた。だからここに来れる可能性があると聞いて、すぐにYESと言ったよ。正しい移籍だった。選手として次のレベルに進むため、正しいサイズのクラブだと認識している。僕がまさしく必要としていたものだ」と話した。

リヴァプールに加わる多くの選手と同様にクラブの規模に感動している様子のサネ。初のビッグクラブで成功をつかみ取ることはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/27(水) 23:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報