ここから本文です

囲碁全国大会での活躍誓う 平塚中等3人が市長訪問

カナロコ by 神奈川新聞 7月27日(水)7時3分配信

 小・中学校囲碁団体戦の神奈川県予選で3連覇を果たし、全国大会の切符を手にした県立平塚中等教育学校の3人が26日、平塚市の落合克宏市長を訪問した。

 3人は、2年で主将を務める齊山天彪さん(14)、3年で副将の前田稜太さん(14)、2年で三将の河内知音さん(13)。

 齊山さんは「主将としての出場は初めてで負けられなかったが、全部勝てたのでこれを全国につなげたい」、前田さんも「副将は負けるとチームに影響が出るので、1年から3年間、勝ち続けられてよかった」、河内さんは「三将は相手の棋力が強かったり弱かったりがあるが、全国大会に向け頑張りたい」と抱負を語った。

 落合市長は「全国からたくさんの中学生が集まるが、思う存分楽しみながらいい成績を残してください」と激励した。

 小・中学校囲碁団体戦全国大会は31日、8月1日に日本棋院市ケ谷会館(東京都千代田区)で開催。市内からは浜岳、神明の両市立中学校を含む3校が出場する。

最終更新:7月27日(水)7時3分

カナロコ by 神奈川新聞