ここから本文です

「遺族に心から謝罪」の一方で「障害者はいらない」 相模原障害者施設殺傷

カナロコ by 神奈川新聞 7月27日(水)13時0分配信

 相模原市緑区千木良の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件で、逮捕された元施設職員の男(26)が県警の調べに対し、「遺族に心から謝罪したい」と話していることが分かった。

 県警によると、男は26日夜、「今回の事件に関しては、突然のお別れをさせるようになってしまって遺族の方には心から謝罪したいと思います」と述べた。一方で「障害者はいらない」という趣旨の発言もしており、被害者に対する謝罪の言葉や、犯行を後悔する様子はないという。

 また、県警は27日、施設内から血痕の付いた包丁2本を発見したと発表した。男は出頭時に血痕が付着した包丁3本を所持しており、少なくとも5本の包丁を使用して入所者を次々に刺したとみられる。

 捜査本部は27日、施設に侵入し入所者の女性(19)を刺殺したとして、殺人容疑に切り替えて男を送検。同日正午前には、施設と男宅の現場検証を開始。被害者の司法解剖も実施している。

最終更新:7月27日(水)13時0分

カナロコ by 神奈川新聞