ここから本文です

小吹隆文撰・週末アート、7/27~

Lmaga.jp 7/27(水) 20:00配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、サブカルの旗手、漫画家岡崎京子の展覧会と、戦後の前衛美術、夏休みに親子で楽しめる展覧会を紹介します。

時代の価値観を体現した女性マンガ家『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』

『pink』、『リバーズ・エッジ』、『ヘルタースケルター』などで知られる、1980~90年代を代表する女性マンガ家の一人、岡崎京子。都市に生きる少女の日常、変容する家族像、女性の欲望や不安を描き、映画、文学、音楽、現代思想からの引用を特徴とする彼女の作品は、従来のマンガの枠を超えた広範な支持を獲得、一躍サブカルチャーの旗手的存在になりました。1996年に不慮の事故に遭い活動を休止しましたが、その評価は現在も変わりありません。本展は昨年に東京の世田谷文学館で開催され、大反響を呼んだことから巡回が決定したもの。原稿、原画、掲載誌、学生時代のイラスト、スケッチなど約300点が展示され、関西のファン待望の機会となります。

2016年7月30日(土)~9月11日(日)
伊丹市立美術館
兵庫県伊丹市宮ノ前町2-5-20

前衛芸術が一番熱かった時代『あの時みんな熱かった! アンフォルメルと日本の美術』

敗戦から約10年が経ち、経済白書に「もはや戦後ではない」と記された1956(昭和31)年、パリで活躍する美術評論家ミシェル・タピエが来日し、欧米の最新美術「アンフォルメル(不定形なるもの)」をもたらしました。作者の行為(アクション)の痕跡や鮮烈な色彩、素材の生々しい物質感を特徴とする作品群は、たちまち日本の美術界を席巻。洋画、彫刻はもちろん、日本画、陶芸、生け花まで巻き込んで一大ブームを巻き起こしたのです。本展では、約100点の作品で当時の“熱い”状況を振り返ります。戦後日本の前衛美術を代表する作家たちと、タピエが紹介した欧米の作家たちが揃っており、アンフォルメルが果たした役割を検証する絶好の機会です。

2016年7月29日(金)~9月11日(日)
京都国立近代美術館
京都市左京区岡崎円勝寺町

1/2ページ

最終更新:7/27(水) 20:00

Lmaga.jp