ここから本文です

おちゃめなミッフィーカフェが大阪に

Lmaga.jp 7/27(水) 18:00配信

世界中で愛されているディック・ブルーナの絵本「ミッフィー」のカフェが、7月28日から「THE GUEST cafe&diner」(大阪市中央区)内に期間限定でオープンする。

「あれ?ミッフィーが覗いてる?ミッフィーのグリルポークサンド」など食べるのがもったいないフードが多数

作品でも印象的な赤(橙)、青、緑、黄のブルーナカラーで統一された店内でいただけるのは、ウサギの女の子・ミッフィーの世界を忠実に再現したフードやスイーツ。なかでも注目は、実はいたずら好きだというミッフィーの様子が垣間見られるメニューで、かくれんぼをしながらこちらを覗く「グリルポークサンド」や、シーツでお化けごっこをする「おばけシフォンケーキ?!」など、ミッフィーのおちゃめな姿に思わずにっこり。

ほかにも、パンケーキ「パンネンクーケン」や、カツレツ「チキンシュニッツェル」のバーガープレート、ティータイムの定番「ストロープワッフル」付きのホットコーヒーなど、作者のディック・ブルーナの故郷であるオランダにちなんだメニューも多数登場。ブルーナカラーで特別に作られたというお皿もカラフルで、写真を撮りすぎてしまいそう。

「昨年60周年を迎え、子どもから大人まで幅広い層に人気のミッフィー。東京で開催した際には、ファミリーや近くの百貨店でお買い物帰りの女性など、ほかのコラボカフェとは少し異なるお客様も多かったですね。そしてみなさんオリジナルグッズをとにかくたくさん買って帰られます」と広報担当者がいうように、年齢問わず欲しくなるカフェオリジナルのグッズが充実しているところも魅力だ。

最終更新:7/27(水) 18:00

Lmaga.jp