ここから本文です

韓国野党議員「慰安婦財団中断し被害者問題再協議せよ」

ハンギョレ新聞 7月27日(水)7時48分配信

野党3党の国会女性家族委と外交通商委委員が糾弾声明 25日、市民社会団体15カ所が政府庁舎前デモ 政府、被害者施設長に参加を提案し拒絶される

 昨年12月28日の韓日両政府の合意により、日本の出資金10億円で運営される予定の「和解・癒やし財団」が28日の発足を控えているが、野党と市民団体を中心に反発が広がっている。

 ナム・インスン、ムン・ミオク、パク・ギョンミ、パク・ジュミン議員など、国会外交通商委員会および女性家族委員会に所属する野党議員19人は25日午後、「慰安婦」財団の発足に対する糾弾声明を発表し「政府は財団の発足を中断し、被害者問題の全面再協議をせよ」と要求した。議員たちは声明書で「昨年末の韓日合意以後、財団設立準備委員会が20日に女性家族部に財団設立申請書を提出し、28日に「和解・癒やし財団」を発足する予定だが、どうして和解と治癒が可能と言えるのか」として「格好だけ民間法人にしているが、外交部と女家部が準備した政府の財団」と批判した。さらに「韓国政府が被害者の方々の苦痛に満ちた人生と人権を少しでも考えるなら、被害者が要求する日本政府の公式謝罪と法的責任の履行、歴史歪曲中断のための実質的措置を要求しなければならない」と指摘した。

 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)も同日午前、ソウルの政府総合庁舎前で記者会見を行い「日帝時に無念にも連れて行かれ凄惨な生活をしたことを知らせる理由は、金銭を望むからではなく、自らの名誉を回復し、再びこうしたことが起きないようにするため」とし「朴槿恵(パククネ)政権は私たちの声を無視して12・28韓日合意をし、またこのように財団を設立するという。私たちが願うのはこんなことではない」と主張した。この日、被害者ハルモニ(おばあさん)4人と韓国女性団体連合など15余りの市民社会団体が記者会見に参加した。

 一方、韓国政府は先月「慰安婦」被害者の憩いの場である京畿道広州(クァンジュ)の「ナヌムの家」所長に対して「和解・癒やし財団」の準備過程に参加することを提案したが拒絶されていたことが分かった。「ナヌムの家」のアン・シングォン所長は26日、電話でのハンギョレの問いに「公式提案ではなかったし、先月財団設立準備委員長が意思を聞いてきたが、ハルモニはもちろん、国民多数が反対している状況で参加は難しいと答えた」と伝えた。

キム・ミヒャン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:7月28日(木)20時9分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。