ここから本文です

デヴィッド・ボウイ集大成ボックス第2弾の詳細が明らかに

Billboard Japan 7月27日(水)12時25分配信

 デヴィッド・ボウイの1969年以降のキャリアを集大成するボックス第2弾となる『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? [1974-1976]』のリリースが決定した。

 本作は2015年9月23日(日本盤は2015年10月21日)にリリースされた『ファイヴ・イヤーズ 1969-1973』に続く集大成ボックス第2弾で、未発表アルバム『ザ・ガウスター』を収録した作品となる。

 CDは12枚組ボックス、アナログは13枚セット、デジタルも全曲入りとなり、ボウイのキャリアのうち1974年から1976年に公式にリリースされた作品群の中では、いわゆる“アメリカン”時代の作品にあたる。ボックスには1974年以降にレコーディングされた公式アルバムの他に、90年代までにリリースされていなかったアルバムも含んでおり、『ダイヤモンド・ドッグス』、『デヴィッド・ライヴ』(オリジナルと2005年ミックス)(各々2CD)、『ヤング・アメリカンズ』、『ステイション・トゥ・ステイション』(オリジナルと2010年ミックス)、有名な未発表アルバム『ザ・ガウスター』、『ライヴ・ナッソー・コロシアム’76』(2CD)、そしてシングル・ヴァージョンやアルバム未収録のシングル・カップリング曲を集めた新たなコンピレーション・アルバム『リコール2』が収録される。『リコール2』に収録された「ロックン・ロール・ウィズ・ミー」はデジタル配信の予約注文としてダウンロード可能。また、CD/アナログLP/デジタルに収録されるすべての楽曲は、ニュー・リマスターとなる。

 ボックス・セット限定で収録される未発表アルバム『ザ・ガウスター』は、トニー・ヴィスコンティのプロデュースで、1974年にフィラデルフィアのシグマ・サウンドでレコーディングされたもの。アルバムはデヴィッドがフィラデルフィアを去る前に、ミックスとマスタリングを終えていたが、デヴィッドはジョン・レノン、ハリー・マスリンとのレコーディングでニューヨークに向かい、結果それがアルバム『ヤング・アメリカンズ』になってリリースされた。『ザ・ガウスター』には「ライト/Right」「恋のささやき/ Can You Hear Me」「幸運の神/Somebody Up There Likes Me」の3曲の未発表ミックスが含まれる。

 2016年のリリースのために、トニー・ヴィスコンティはオリジナル・テープから新たなマスタリングを監修し、エリック・ステファン・ジェイコブによる写真がアルバムに対するデヴィッドのオリジナルのコンセプトを表すものの一つとしてジャケットに使用された。

 その他、BOX限定の音源として、『デヴィッド・ライヴ(オリジナル・ミックス)』、2010年ハリー・マスリン・ミックスによる『ステイション・トゥ・ステイション』(2010年に限定リリースされた『ステイション・トゥ・ステイション』デラックス・ボックスに収められたDVDオーディオ5.1chステレオだったもの)、『リコール2』が収録されている。

 『リコール2』には、1974年にオリジナル・リリースされた以降は、2014年に40周年アニヴァーサリー・ピクチャー・ディスクでフィーチャーされただけの「愛しき反抗(オリジナル・シングル・ミックス)」と、初CD化となる「ダイヤモンドの犬」のオーストラリアン・シングル・エディットが収録。他にもアルバム『デヴィッド・ライヴ』のプロモーションでアメリカのラジオ局が編集した「ロックン・ロール・ウィズ・ミー」ライヴ・ヴァージョンのシングル・エディット初CD化音源が含まれます。『リコール2』の新たなアートワークは、デヴィッドの友人で、ウォーレン・ピースとしても知られ、バッキング・ヴォーカルとしてレコーディングにも参加していたジェフ・マコーマックによる、1975年に行われた『ステイション・トゥ・ステイション』のレコーディング・セッションからのスタジオ・ショットが使われている。

 もう一つ別ジャケットとなったアルバム、ハリー・マスリンによる『ステイション・トゥ・ステイション(2010年ミックス)』は当初使われる予定だったカラー写真を使用。オリジナル・アルバムでは、その後知られているモノクロ・イメージがジャケットとして使用された。アナログLPボックスはCDと同じ内容で180g仕様、輸入盤でのリリースとなる。

 ボックス・セットにはCDには128P、アナログLPには84ページに及ぶブックレットが封入され、エリック・ステファン・ジャイコブス、トム・ケリー、ジェフ・マコーマック、テリー・オニール、スティーヴ・シャピロといったフォトグラファーによる未発表写真を含むレアな写真が使用され、歴代のアルバム・レビューやライヴ・レヴュー、プロデューサーのトニー・ヴィスコンティとハリー・マスリンによるアルバムについてのテクニカル・ノートなども掲載される。CDボックスのジャケットは第1弾ボックスと同じく、オリジナル・アルバムの紙ジャケット仕様で、盤面はシルバーではなくゴールドになっている。

◎リリース情報『DAVID BOWIE‘WHO CAN I BE NOW? (1974-1976)’』
輸入盤9月23日リリース
日本盤10月リリース予定

最終更新:7月27日(水)12時25分

Billboard Japan