ここから本文です

トム・ハンクス、3度目オスカー狙う作品引っさげ来日決定! イーストウッド監督最新作

クランクイン! 7/27(水) 5:00配信

 俳優のトム・ハンクスが映画『ハドソン川の奇跡』のプロモーションで共演するアーロン・エッカートとともに、9月14日に来日することがわかった。ハンクスは2013年『キャプテン・フィリップ』以来約3年ぶり、エッカートは2008年『ダークナイト』以来8年ぶりの来日。2人は作品をイメージした大規模なジャパンプレミア、記者会見への参加を予定している。また今回、予告映像も解禁となった。

【関連】「トム・ハンクス」フォトギャラリー


 本作は、2009年にニューヨーク・マンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故の真実を描く。舞台は2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで70トンもの重さの航空機が制御不能に陥る。未曽有の危機が迫る中、サレンバーガー機長(ハンクス)はハドソン川に着水させることを決断した。

 しかし、機長の“究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。本当に不時着以外の選択肢はなかったのか? 乗客たちを命の危機にさらす無茶な判断ではなかったのか? 揺れる世論。そこに重なる様々な思惑の中、機長は殺人未遂の罪に問われることに…。乗客155人の命を救った国民的英雄がなぜ、容疑者となってしまったのだろうか。予告映像は衝撃の実話の裏側に隠された真実を突きつけるものとなっている。

 監督は2015年度の賞レースを席巻し、世界興行収入600億円を超えの史上空前の大ヒットとなった『アメリカン・スナイパー』のクリント・イーストウッド。今回、ハンクスは満を持してイーストウッドと初タッグとなる。

 映画『ハドソン川の奇跡』は9月24日より全国ロードショー。

最終更新:7/27(水) 5:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]