ここから本文です

「給スイカ」ステーション登場 魚津・ミラージュプール

北日本新聞 7月27日(水)16時38分配信

 水分と栄養補給に優れているスイカを提供する「給スイカステーション」が27日、魚津市のミラージュランドのミラージュプールにお目見えした。スイカのしま模様を綱に例え、27を「つ(2)な(7)」と読む語呂合わせから7月27日をスイカの日とすることにちなみ、来場客らに無料でスイカが振る舞われた。

 日本財団、海と日本PROJECTin富山実行委員会、スイカ倶楽部が主催。同財団と政府が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として行った。イベントはこの日が国内開催の初日で、東京ミッドタウン(東京都・港区)など全国31カ所でも行われた。

 ミラージュプールでは、熱中症の対策や危険性を呼び掛け、楽しく遊んでもらおうと、カットしたスイカ約千食分を無料で提供した。プールに遊びに来た子どもたちや親子連れが「甘くておいしい」「熱中症に気をつけたい」と笑顔で食べていた。

 今月30日には富山市の岩瀬浜で、8月6日には朝日町の宮崎海岸で給スイカステーションが設置され、スイカを食べることができる。

北日本新聞社

最終更新:8月12日(金)13時24分

北日本新聞