ここから本文です

特産品が当たるかも 氷見商議所、8月からキャンペーン

北日本新聞 7月27日(水)22時37分配信

 氷見商工会議所は8月1日から、域内消費拡大を目指す「わくわくキャンペーン」を行う。約300店での買い物千円につき抽選券1枚を配布し、ダブルチャンスを含め約1300人に加盟店で使える共通利用券や特産品を贈る。10月2日まで。

 券に番号を記載し、10月3日以降に当選者を発表。特賞2万円1人、1等1万円10人、2等5千円30人、3等3千円90人、4等2千円720人に加盟店の共通利用券が当たる。

 同16日は氷見水産センターで先着300人を対象に、外れ券20枚を限定特別券に引き替え、大抽選会を実施。特賞は氷見産ブリ1本を2人に贈り、共通利用券や特産品をプレゼントする。

 ポスターやのぼり旗、チラシを掲示してPRする。市内では「買活(かいかつ)ひみ6億円プロジェクト」を展開し、寺下利宏会頭は「いろんな形で市民に浸透させていきたい」と話した。問い合わせは同商議所、電話0766(74)1200。

北日本新聞社

最終更新:7月27日(水)22時37分

北日本新聞