ここから本文です

レアルの“神童”が武者修行へ…米ツアー後、独クラブへレンタル移籍か

SOCCER KING 7月27日(水)11時38分配信

 レアル・マドリードに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアが、他クラブへレンタル移籍で加入する見通しとなっているようだ。スペイン紙『アス』が26日に報じている。

 ウーデゴーアは1998年12月生まれの17歳。2015年1月にノルウェーのストレームスゴトセトからレアル・マドリードに移籍した時は16歳だった。同年5月23日のリーガ・エスパニョーラ最終節ヘタフェ戦で途中出場を果たし、クラブ史上最年少でのリーグ戦出場を記録した。ただ、2015-16シーズンはリーガ・エスパニョーラでの出場機会を得られなかった。

 レアル・マドリードは現在、カナダでのトレーニングを経てインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)アメリカラウンド出場に向けて準備を進めている。ウーデゴーアはチームに帯同しており、アメリカツアー終了後に移籍に向けた話し合いの場をクラブ側と設けると報じられた。レンタル移籍先の第一候補はブンデスリーガのクラブと伝えられている。

 レアル・マドリードはICCアメリカラウンドで3試合を実施予定。27日にパリ・サンジェルマン、30日にチェルシー、8月3日にバイエルンと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:7月27日(水)11時38分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]