ここから本文です

鹿島にMFファブリシオが加入…金崎の前所属クラブが期限付き移籍発表

SOCCER KING 7月27日(水)11時5分配信

 ポルトガル2部所属のポルティモネンセは26日、ブラジル人MFファブリシオが鹿島アントラーズへ期限付き移籍で加入すると発表した。移籍期間は明らかにされていない。

 ポルティモネンセは鹿島の日本代表FW金崎夢生が所属していたクラブ。同選手は昨年2月に期限付き移籍で鹿島に加入し、今年1月にポルティモネンセへ戻った後、鹿島へ完全移籍で復帰した。

 今回の発表によると、ファブリシオは日本でのプレーを夢見ていたとのこと。鹿島からは昨シーズン中にも関心を示されていたようで、「金崎夢生が所属しているクラブに加わることになる」と記されている。同選手はジョゼ・アウグスト監督らとともにすでに出発。27日の朝には成田空港に到着すると伝えられている。

 ファブリシオは1990年生まれの26歳。ポルティモネンセの公式HPに掲載されたプロフィールによると、身長182センチメートルのMFで、2015-16シーズンは同クラブの背番号「10」を付けてプレーしていた。

 鹿島は今月5日にブラジル人MFカイオがUAE(アラブ首長国連邦)のアル・アハリへ移籍。6月23日にはブラジル人FWジネイとの契約満了を発表しており、外国籍選手枠が2つ空いた状態となっていた。

SOCCER KING

最終更新:7月27日(水)11時5分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]