ここから本文です

“BBC”だけで約302億円…欧州王者レアル、選手市場価値で世界トップ

SOCCER KING 7月27日(水)17時25分配信

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやウェールズ代表FWギャレス・ベイルら豪華メンバーを擁するレアル・マドリードが、所属選手の市場価値総額で世界トップに輝いた。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 レアル・マドリードは、2015­-16シーズンに通算11度目となるチャンピオンズリーグ制覇を達成したことで、今夏に選手たちの市場価値が上昇。移籍情報サイト『transfermarkt』によると、レアル・マドリードに所属する選手たちの市場価値総額は7億8130万ユーロ(約907億円)になるという。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウェールズ代表FWガレス・ベイル、フランス人FWカリム・ベンゼマの“BBC”だけで2億6000万ユーロ(約302億円)の価値があると査定された。

 C・ロナウドは昨シーズン、1億2000万ユーロ(約139億円)だったが、31歳になり、1000万ユーロ(約12億円)低い1億1000万ユーロ(約128億円)に下がった。とはいえ、同選手は30代の中で最も価値が高い選手となっている。

 ベイルは1000万ユーロ上がって9000万ユーロ(約105億円)、ベンゼマも1000万ユーロ上がり、6000万ユーロ(約70億円)と査定された。またユヴェントスから古巣に復帰したスペイン代表FWアルバロ・モラタは4000万ユーロ(約46億円)となり、1500万ユーロ(約17億円)も増えている。

 昨シーズンから在籍する選手で最も価値が上がったのはブラジル代表MFカゼミーロで、1300万ユーロ(約15億円)プラスの2000万ユーロ(約23億円)と査定されている。

SOCCER KING

最終更新:7月27日(水)17時25分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]