ここから本文です

7月中にサインか…バルサ、32歳マスチェラーノとの契約延長に着手

SOCCER KING 7月27日(水)18時23分配信

 バルセロナが、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノとの新契約締結に向けて交渉を開始したようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が26日に報じている。

 バルセロナ加入後6シーズン目を終えたマスチェラーノは今夏、ユヴェントスへ移籍する可能性を報じられていた。一時は移籍が濃厚と見られていたが、今月3日の大手メディア『ESPN』によれば、「これからもう数年間はバルセロナに残りたい。(2016-17シーズンが)良いシーズンになることを願うよ。シーズン開幕前はいつだって楽しみだし、また最高のシーズンを過ごせるといいね」とコメント。バルセロナ残留の意向を明かしていた。

 今回の報道によると、マスチェラーノとの新契約締結に向けてバルセロナが交渉を開始した模様だ。現行契約は2018年6月までとなっているが、バルセロナは期間延長と条件向上を打診し、今月中に交渉を成立させたいと考えているようだ。

 マスチェラーノは1984年生まれの32歳。2010年夏にリヴァプールからバルセロナに移籍した。2015-16シーズンはリーガ・エスパニョーラ32試合に出場し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)との二冠獲得に貢献。6月に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016にも出場している。

SOCCER KING

最終更新:7月27日(水)22時23分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。