ここから本文です

ドルト、スボティッチが手術で肋骨除去…オーバメヤンはツアーから離脱

SOCCER KING 7月27日(水)19時44分配信

 ドルトムントに所属する元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチの手術が無事に成功。肋骨を1本除去したという。ドイツ誌『kicker』日本語版が27日に伝えた。

 担当医によれば、スボティッチは年内休養で、まずは3カ月後のリハビリ開始を目指していく。スボティッチは自身のインスタグラムにて、ベッドからの動画付きで「誰か肋骨が欲しい人がいるなら、僕は1本もっているよ。1988年製だ」とのメッセージも投稿した。


 昨シーズンは腕の血栓症により離脱を余儀なくされたスボティッチ。特に手術に関する詳しい情報は明かされてはいないのだが、専門家によれば肋骨を除去することによって、動脈の流れの改善をはかれるとのこと。 今夏にはプレミアリーグ復帰を果たしたミドルスブラへの移籍に迫っていたものの、メディカルチェックで問題が発覚し手術へと至っていた。

 その一方で、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、一足早く中国ツアーを切り上げドイツへと戻ることとなった。離脱した理由は、ドルトムントにて第二子誕生に立ち会うためだという。

 なお、ドルトムントは28日に、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが移籍したマンチェスター・Cとのプレシーズンマッチが控えている。

SOCCER KING

最終更新:7月27日(水)19時44分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。