ここから本文です

[MOM1825]尚志DF常盤悠(3年)_体力と攻撃力武器の注目SBが2ゴール演出

ゲキサカ 7月27日(水)19時21分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[7.27 全国高校総体1回戦 佐賀東高 1-2 尚志高 東広島運動公園陸上競技場]

 尚志高は攻撃自慢の右SB常盤悠(3年)が佐賀東高との差をつける武器となった。前半から特に光っていたのが、深い切り返し。「右でも左でも蹴れる」(仲村浩二監督)からこそ、左右両足のシュートモーションから見せる鋭いキックフェイント、切り返しに相手DFは付いて来ることができなかった。

 前半6分、CKのクリアボールを拾った常盤はキックフェントでDFを置き去りにすると、縦に切れ込んでラストパス。これがMF高橋大河(3年)の先制ゴールを生んだ。その後も常盤の突破と精度の高いキックが相手を苦しめる。13分には右サイドでボールを受けた高橋を外側から追い越してPAへ侵入すると、DFを振りきって右足シュート。GKに止められてゴールとはならず、直後に失点したことを悔やんでいた常盤だが、後半に勝ち越しゴールを演出する。

 後半3分、左CKを蹴りこむと、ニアでクリアしようとした佐賀東DFがオウンゴール。これが決勝点となった。常盤は元々、1年時にボランチを務めていた。だが、2年時は右SBとしてレギュラーポジションを獲得。現在は自身の力が右サイドでより発揮できると感じている。「体力が結構あるので、右サイドの方がいい。自分のオーバーラップとキックの精度。攻撃の部分を見てもらいたい」。

 大学サッカー関係者からの評価も高いSBの目標とする選手は日本代表SB長友佑都。仲村監督も「面白いプレーヤー。守備力が上がれば面白くなる」と期待するDFが、今大会ではその体力と攻撃力を駆使して尚志を躍進させる。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:7月27日(水)19時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]