ここから本文です

[総体]尚志の快足アタッカー、MF高橋大河は先制ゴールも「悔しい」初戦に

ゲキサカ 7月27日(水)20時16分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 佐賀東高 1-2 尚志高 東広島運動公園陸上競技場]

 尚志高の注目アタッカー、MF高橋大河(3年)は自身が先制ゴールを決めて2-1で勝利した佐賀東高戦を「悔しい方が大きいです」という言葉で振り返った。

 前半5分に右サイドを突破したSB常盤悠のラストパスをファーサイドで受けて左足で先制ゴール。福島県予選決勝で2ゴールを決めてチームを全国へ導いている注目MFは早くもその得点力を発揮した。

 本人も「体は結構動けていた。行けるかなと思った」という。だが、ここから決定機でシュートが決まらなかった。前半終了間際にはこぼれ球に反応して放った左足シュートがGKの足に阻まれ、後半には「ダフってしまって」まさかのPK失敗。そして終了間際のビッグチャンスもシュートをGKに止められてしまった。

 特に後半は守備面を求められていたため、そこで足を使ってしまっていたという理由もある。だが、本人はチャンスで決められなかったことを猛省した。

 それでも50m走5秒台という圧巻のスピード、跳躍力など身体能力を活かしたプレーは注目だ。「サイドでの突破、勝負強さを見てもらいたいです」と語った注目アタッカーが、流通経済大柏高との2回戦では2戦連発を果たすなど納得のプレーで70分間を終える。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:7月27日(水)20時16分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]