ここから本文です

[総体]横浜創英が那覇西下し全国初勝利!3年ぶり2度目の挑戦で悲願の1勝

ゲキサカ 7月27日(水)21時18分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 那覇西高0-2横浜創英高 広島広域公園第一球技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技が27日に開幕し、各地で1回戦を行った。広島広域公園第一球技場の第2試合では横浜創英高(神奈川1)が那覇西高(沖縄)を2-0で下し、全国大会初勝利を飾った。28日の2回戦では米子北高(鳥取)と対戦する。

 3年ぶり2度目の全国総体出場となった横浜創英が新たな歴史の1ページを切り開いた。前半31分、FW伊藤綾麻(3年)のパスを受けたMF住田智樹(3年)が右足で先制点。同校にとって記念すべき全国大会初ゴールを奪うと、1点リードで折り返した後半32分、DF福田崚太(3年)の右CKにDF高橋祐飛(3年)が頭で合わせ、勝利を大きく手繰り寄せた。

 初の全国大会出場となった13年全国総体は初戦で近大附高に0-1で敗戦。その後は総体、選手権ともに全国への切符をつかめず、今大会が3年ぶりの全国だった。その初戦を2-0の完封勝利で飾り、悲願の初勝利。さらなる快進撃を目指し、2回戦では前回大会8強の米子北に挑戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月27日(水)21時23分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]