ここから本文です

[総体]日章学園がセットプレーで奪った1点を守り抜く…東海大高輪台下し2回戦へ

ゲキサカ 7月27日(水)22時13分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 東海大高輪台高 0-1 日章学園高 コカ・コーラウエスト広島スタジアム]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(男子)の1回戦が27日に行われ、日章学園高(宮崎)は東海大高輪台高(東京2)を1-0で下した。28日に行う2回戦では松山工高(愛媛)と対戦する。

 前半、なかなかリズムを作ることが出来なかった日章学園だが、後半開始と同時に1年生MF河原淳を下げてFW木津蒼(2年)を投入。リズムに変化を求める。

 すると後半5分、試合が動く。左サイドからのCKを獲得すると、MF佐藤詩響(2年)のクロスをFW山元泰志(3年)がヘディングで押し込み、先制点を奪う。

 ビハインドを背負った東海大高輪台も失点直後に2枚替え。DF永野颯人(3年)とFW小杉康太(3年)を投入し、反撃を試みる。しかし後半アディショナルタイムまでチャンスを作ったが、決めきることは出来なかった。

最終更新:7月27日(水)22時13分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報