ここから本文です

[総体]長崎総科大附は高知商に4発快勝で全国総体初勝利

ゲキサカ 7月27日(水)23時12分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 高知商高1-4長崎総合科学大附高 広島広域公園補助競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技が27日に開幕し、各地で1回戦を行った。広島広域公園補助競技場の第1試合では長崎総合科学大附高(長崎)が高知商(高知)と対戦し、4-1で快勝した。

 長崎総科大附は前半22分、FW荒木駿太(2年)が先制点。高知商も同31分にMF大川星(3年)のゴールで同点に追いついたが、1-1で折り返した後半、長崎総科大附の強力攻撃陣が突き放した。

 後半13分、MF薬真寺孝弥主将(3年)のパスを受けたFW宇高魁人(3年)が右足で勝ち越しゴールを奪うと、同32分にも宇高が自身2点目となる追加点。3-1とリードを広げ、後半終了間際の35分に薬真寺がダメを押した。

 全国高校選手権では12年度大会で3回戦まで進出している長崎総科大附だが、全国高校総体は4年ぶり2度目の出場で初勝利。28日の2回戦では前回大会8強の滝川二高(兵庫)と対戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月27日(水)23時16分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]