ここから本文です

[総体]注目FW岩崎が全国初ゴール!主役、「陰で戦う選手」も活躍の京都橘が難敵・岡山学芸館沈める

ゲキサカ 7月27日(水)23時27分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 岡山学芸館高 0-3 京都橘高 東広島運動公園陸上競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(男子)が27日に開幕し、1回戦23試合を行った。注目のU-19日本代表FW岩崎悠人主将(3年)擁する京都橘高(京都)は岡山学芸館高(岡山)と対戦。岩崎の全国大会初ゴールとなる先制点など3得点を挙げた京都橘が3-0で勝ち、全国総体初勝利を果たした。京都橘は28日の2回戦で日本航空高(山梨)と対戦する。

 京都橘は注目の岩崎がFW堤原翼(3年)とのコンビから決めて、1年時からゴールを守るGK矢田貝壮貴(3年)がビッグセーブを連発。また米澤一成監督が「相手の長所を消さないといけない。河合のところでかなり止めた。(攻撃面でも)落ち着きを与えてくれた」と賞賛した左SB河合航希(2年)や10番MF梅津凌岳(2年)の活躍もあった。交代出場で1ゴール1アシストの活躍を見せたFW植村亮雅(2年)含めて印象的な活躍をした選手多数。だが、両校の間にスコアほどの差はなかった。

 矢田貝は岡山学芸館について「相手は凄く粘り強く来るチームというのは事前に分かっていた」と説明し、岩崎は「凄い良いチームで勢いもあってボール回しも上手かった」と評した。プリンスリーグ中国で2位につける岡山学芸館は前半にCB森下基(3年)が連続して岩崎の突破を止め、また体を張るだけでなく気の利いた動きも見せる闘将・野島奨主将(3年)らの好守からリズムに乗り、時間が経つにつれて長短のパスが威力を増したMF池平直樹(2年)を中心としたパスワークとMF加藤凜太朗(3年)、左MF西山敢太(3年)の仕掛けなどで十分に京都橘を苦しめた。だが、勝ったのは強力エースに加えて矢田貝が「(岩崎)悠人が注目されるんですけど、他の選手たちが要所要所で頑張ってくれているのが後ろから見てよく分かる。悠人が輝いていても『陰で戦う選手』が必要。ボクもそういうひとりになれたらと考えています」という京都橘だった。

 立ち上がりから京都橘は岩崎がサイドへ抜けて起点をつくる。そこから岩崎が間髪入れずに仕掛け、またパートナーであるFW堤原との連係からシュートチャンス。8分には河合の縦パスが堤原に通り、14分には堤原の折り返しを岩崎が左足でフィニッシュした。そして3分間のクーリングブレイクを終えたあとの29分、京都橘はMF内田健太(2年)が右オープンスペースへ好パス。これで抜け出した堤原が中央へ折り返すと、岩崎がペナルティアーク付近から右足ダイレクトでゴールへ沈めて先制した。

 岡山学芸館は前半終了間際に敵陣でのインターセプトなどから連続してチャンス。だが京都橘はGK矢田貝が抜群の反応を連発して得点を許さない。岡山学芸館は後半開始から切り札投入。そして13分、右SB平野智大(3年)の驚異的なロングスローが全国舞台でベールを脱ぐ。スローインではなかなかお目にかかれないような軌道で放り込まれた右ロングスローに会場中からどよめきの声。ゴールエリア中央へ届いたボールにFW山河大将(3年)が飛び込む。だが、ここでも立ちはだかった矢田貝の壁。岡山学芸館はこの後も攻勢を続ける。サイドをワンツーで崩し、またスルーパスに山河が抜け出す。対する京都橘の岩崎は「(自分たちは)まだまだ足りないですね。きょうも相手の時間帯になることが多かったので。1点取っているのでもっと主導権を握ってできたらいい」と首を振ったが、空中戦で強さを示したDFラインが相手のロングスローや背後へのパスに対応。逆にカウンターからチャンスを作り返すと、アディショナルタイムに2ゴールを奪った。

 38分に右サイドへ開いた植村からのパスを内側で受けた梅津が縦への仕掛けからそのまま右足でファインゴール。さらに39分には右サイドからゴール方向へ仕掛けた岩崎がタイミングよくラストパスを出し、これを植村が左足でゴールへ沈めて勝敗の行方を決定づけた。京都橘は大会前から岩崎が目標に掲げていた初戦突破を達成。準優勝した12年度から3年連続で選手権全国8強以上果たしている京都橘は勢いに乗ってこの総体でも躍進を果たすか。米澤監督は目の前の試合を勝っていくことを口にした上で「今の段階での立ち位置が見える大会になれば。冬への準備もしながらやっていければいい」。最大の目標である冬に羽ばたくことを目指しながらの夏。だが、そのステップは高ければ、高い方がいい。

[写真]後半アディショナルタイム、京都橘は梅津が2点目のゴール(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:7月27日(水)23時27分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。