ここから本文です

[総体]3年前に全中V…帝京大可児が帝京長岡との“帝京ダービー”を制す

ゲキサカ 7月27日(水)23時32分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 帝京長岡高0-1帝京大可児高 広島広域公園補助競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技が27日に開幕し、各地で1回戦を行った。広島広域公園補助競技場の第2試合では帝京大可児高(岐阜)が帝京長岡高(新潟)と対戦し、1-0で競り勝った。28日の2回戦では前橋商高(群馬)と対戦する。

 1回戦で実現した注目の“帝京ダービー”は帝京大可児が制した。前半16分、FW関根琉楓(3年)のラストパスを受けたMF福田航希(3年)が左足で先制点。早い時間帯に先手を奪うと、その後も試合の主導権を握った。

 守ってはGK川地颯馬(3年)を中心とした守備陣が帝京長岡の反撃をシュート2本に抑える完封劇。1-0のまま試合を締めくくり、初戦を突破した。過去最高成績は13年大会の8強。3年前の全中優勝メンバーをそろえる帝京大可児は虎視眈々と上位進出を狙っている。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月27日(水)23時35分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。