ここから本文です

インド株(終了):上昇、銀行株と自動車株高い-海外勢の買い膨らむ

Bloomberg 7月27日(水)22時11分配信

27日のインド株式相場は上昇。値動きの荒い中、海外勢によるインド株の買いが膨らんだほか、主要中央銀行が景気を下支え続けるとの楽観が支えとなった。

民間銀行としてインド最大手のICICI銀行は昨年12月以来の高値を付けた。自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディアとタタ・モーターズは指標であるS&P・BSEセンセックスの構成銘柄の中で上げが目立った。一方、製薬会社ドクター・レディース・インダストリーズは約8カ月ぶりの大幅下落。第1四半期に76%減益となった同社は前日も値下がり。

センセックスは前日比0.2%高の28024.33で終了。騰落比率は3対2。デリバティブ(金融派生商品)取引期日を翌日に控え、この日は売り買いが交錯した。海外勢によるインド株売買動向は月初来13億ドルの買い越しで、月間ベースでは5カ月連続となる。英国の欧州連合(EU)離脱選択に伴う影響封じ込めに向けて世界の主要中銀が協調行動を取り、これが新興市場に恩恵をもたらすとの楽観が高まっている。

原題:Indian Stocks Gain as Lenders and Automakers Climb Amid Inflows(抜粋)

Rajhkumar K Shaaw, Santanu Chakraborty

最終更新:7月27日(水)22時11分

Bloomberg