ここから本文です

マカヒキ、順調に国内追い切りを消化/栗東トレセンニュース

netkeiba.com 7月28日(木)12時45分配信

 ニエル賞(9月11日・シャンティイ芝2400m)をステップにして、凱旋門賞(10月2日・シャンティイ芝2400m)を目指すマカヒキ(栗東・友道康夫厩舎)。今朝28日は帰厩後、初めてとなる本格的な追い切りをCWで行っている。

 馬の少ない時間帯に馬場へ登場したが、首を上下しながら入場するのはいつも。決して入れ込んでいるわけではなく、一種のポーズなのだろう。鞍上の大江祐輔調教助手に促されて、スムーズにキャンターへ移行。行きたがる様子は全くなく、軽い走りで徐々にラップを速めていった。

 最後まで余力十分の走りだったが、時計は6F82.2~5F67.7~4F53.9~3F40.4~1F12.6秒と速い。大江助手に「今週でも競馬を使えそうな時計ですね」と声をかけると「本当に楽に走っていますよ。すごく順調です」と笑顔。ここまでの調整過程を見ているかぎり、万全の状態で出国できそうな感じがする。

(取材・写真:井内利彰)

最終更新:7月28日(木)12時45分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ