ここから本文です

「弱虫ペダル SPARE BIKE」入場者プレゼントはデフォルメイラスト缶バッジ11種

コミックナタリー 7月28日(木)0時0分配信

渡辺航原作のアニメ「弱虫ペダル SPARE BIKE」の入場者プレゼントが、オリジナル缶バッジ11種であることが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

缶バッジに描かれるのは、「弱虫ペダル SPARE BIKE」に登場するキャラクター11人。「巻島裕介編」から高校1年生時代の巻島と田所迅、その当時の自転車競技部主将だった寒咲通司、「金城真護編」からは中学生時代の金城、金城が所属したチームの先輩である小関将、「東堂尽八編」から中学時代の東堂と糸川修作、「新開隼人編」から中学生時代の新開と福富寿一、「荒北靖友編」から高校1年生の荒北靖友、「石垣光太郎編」から高校1年生時代の石垣がそれぞれ選ばれた。

「巻島裕介編」「東堂尽八編」以外のキャラもアニメイラストでデフォルトされて描かれたこのバッジ。これらは劇場で、1回の観賞につき1個ずつランダムでプレゼントされる。「弱虫ペダル SPARE BIKE」の特別上映は9月9日から。

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルSB製作委員会 (c)2016 スカパー!・東宝・舞台『弱虫ペダル』製作委員会

最終更新:7月28日(木)0時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。