ここから本文です

地の利を生かした物流コストの削減&三温度帯対応で物流を支援するエス・アイ・ロジ

ネットショップ担当者フォーラム 7月28日(木)7時1分配信

東北の玄関口、宮城県仙台市に本社物流拠点を構えるエス・アイ・ロジ。外食産業チェーン店向けに三温度帯物流を展開し、東北エリアのセントラルセンターとして各店舗への配送ノウハウを食品EC事業者向けに横展開。冷凍・冷蔵保管が必要なネットショップの物流をサポートしている。

BtoB物流の経験をいかした食品EC物流

食品の物流はとにかく煩雑である。クライアントごと、商品ごとに保管温度設定、賞味期限管理、消費期限管理、ロット管理などの基準が変わる。エス・アイ・ロジは大手企業向けBtoB物流の経験を生かし、クライアントや商品ごとに対応。仕組み化を通じてエラーの発生しない庫内業務フローを構築した。

現在、エス・アイ・ロジに物流業務を委託している食品EC事業者は、規模も商材もさまざま。

・月間1000件出荷の魚介類を販売している事業者
・平常月は500件程だが繁忙月に3000件程度に膨れ上がるといった物流波動のあるイベント向けスイーツ販売事業者
・15℃前後の定温管理が必要なワイン販売事業者
など多岐にわたる。冷凍・冷蔵商品は常温保管商品に比べ、どうしても物流コストが高くなるのだが、月間500件程度の出荷規模から委託すればコストメリットは十分にあると言えるだろう。

立地を生かした保管コストの圧縮を提案

冷凍・冷蔵保管が必要な食品だけではなく、常温保管商品もアウトソーシングするメリットは高い。

たとえば、保管スペースを大きく取ってしまう大型商品、長期保管を行う商品などは、仙台という立地を生かして、保管コストの大幅な圧縮が可能。関東近郊の坪単価では実現できないコストダウンが実現できる。

作業費も関東近郊の相場より数円~数十円の圧縮が可能。たかが数円でも物流コストの圧縮は直接、利益につながるため、コストの見直しを行う意義は大きい。常温保管商品では、大型家電や雑貨、コスメ、スマホ関連グッズなどさまざまな事業者がサービスを利用している。

海外に向けた日本食材・文化の発信基地となりたい

BtoBの物流アウトソーシングがメインだが、輸出入貨物の取り扱いも増え続けている。通関に必要な書類作成の代行から、船便・航空便の選択など、フォワダー(貨物利用運送事業者)業務の代行も手がける。注目が集まる越境ECへの対応も問題なくこなせる体制がすでに構築されている。

“>>>
一部のクライアントでは、バックヤードのフルフィルメント対応(受注代行・コールセンター代行)も請け負っている実績もある。これからEC展開を考えている食品生産者や加工業者に向け、物流業務だけではなくさまざまな付帯サービスを提供することが可能だ。シンガポール、タイ、中国、台湾など日本の食材・文化を求めているアジア地域に向けたプラットフォームとして、バックヤードから販売事業者のサポートを行っていきたい。(大友 聡 代表取締役)
<<<”

最終更新:7月28日(木)7時1分

ネットショップ担当者フォーラム