ここから本文です

待望の12年ぶり新作を発表するデ・ラ・ソウル、10月に来日公演が決定

bmr.jp 7月28日(木)14時10分配信

待望の12年ぶり新作を発表するデ・ラ・ソウル、10月に来日公演が決定

待望の12年ぶり新作を発表するデ・ラ・ソウル、10月に来日公演が決定

クラウドファンディング・サービスのKickstarterで60万ドル(当時およそ7200万円)以上の支援を集め、待望の新作『and The Anonymous Nobody…』をいよいよ来月リリースするデ・ラ・ソウルが、10月に来日公演を行うことが発表された。

90年代に「ニュースクール」と呼ばれた新たなトレンドの担い手として米ヒップホップ界をリード、独自のスタイルを貫き後進にも大きな影響を与えたベテラン・ヒップホップ・グループのデ・ラ・ソウル。2009年にはミックステープ『Are You In?』が、2012年には、メンバーのポスとトゥルゴイのふたりによるサイド・プロジェクト『First Date』が発表されたが、デ・ラ・ソウルのオリジナル・スタジオ・アルバム自体は2004年発表の『The Grind Date』からリリースが途絶えていた。

しかし、デビュー25周年となった2014年には「ファンのために」旧譜を25時間限定で無料配信したことが大きな話題を呼び、また故J・ディラのビートを使ったミックステープ『Smell The Da.I.S.Y. (Da Inner Soul of Yancey)』を発表するなど意欲的に動きだした彼らは、昨年3月、Kickstarterを通じて新作をアナウンス。すると、1日と経たずに目標額の11万ドルを上回る15万ドル以上の支援を受けて大きな話題となり、最終的には1万人以上から累計60万ドル以上を集める結果に。そして、2015年9月発売という当初の予定からは遅れたものの、およそ12年ぶりとなるニュー・アルバム『and The Anonymous Nobody…』がついに完成。ピート・ロック、スヌープ・ドッグ、アッシャー、ジル・スコット、エステル、トゥー・チェインズ、ロック・マルシアーノ、リトル・ドラゴン、デーモン・アルバーン、デヴィッド・バーンなど豪華アーティストがゲストとして参加したこの新作は、8月26日に発売となる。

そしてこの新作を引っさげ、デ・ラ・ソウルの来日公演が決定。10月17日(月)~18日(火)にビルボードライブ東京での単独公演が発表された。ヒップホップをけん引してきたベテランによる待望の新作発表後のステージとなるだけに、注目の公演となることは必至だ。

「デ・ラ・ソウル来日公演」
日時:2016年10月17日(月)~18日(火)1stステージ 開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場 20:45 開演21:30
会場:ビルボードライブ東京
価格:サービスエリア 9,900円/カジュアルエリア 8,400円

『and The Anonymous Nobody…』収録曲目:
1. Genesis (Intro) [feat. Jill Scott]
2. Royalty Capes
3. Pain (feat. Snoop Dogg)
4. Property Of Spitkicker.com (feat. Roc Marciano)
5. Memory of… (US) [feat. Estelle & Pete Rock]
6. CBGBS
7. Lord Intended (feat. Justin Hawkins)
8. Snoopies (feat. David Byrne)
9. Greyhounds (feat. Usher)
10. Sexy Bitch
11. Trainwreck
12. Drawn (feat. Little Dragon)
13. Whoodeeni (feat. 2 Chainz)
14. Nosed Up
15. You Go Dave (A Goldblatt Presentation)
16. Here In After (feat. Damon Albarn)
17. Exodus (Outro)

最終更新:7月28日(木)14時10分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。