ここから本文です

トビイカの天日干し始まる 南城・奥武島

琉球新報 7月28日(木)5時1分配信

 南城市玉城奥武島の漁港で、夏の風物詩トビイカの天日干しが始まっている。27日は午前中に水揚げした新鮮なイカを丁寧に洗い、皮をはぎ、有刺鉄線に一つ一つ丁寧に干している姿が見られた。強い日差しで約1日半ほど干されたイカは、島の店先に並ぶ。鮮魚店を営むたいら鮮魚店の平良綾乃さん(39)は「栄養もあるイカは子どものおやつにも最適だ」と笑顔。「これから水揚げも多くなってくる。新鮮なイカを多くの人に食べてほしい」と奥武島の自慢の名産物をアピールした。
 沖縄地方は向こう1週間、太平洋高気圧に覆われ、おおむね晴れ、最高気温・最低気温はともに期間の前半は平年より高くなる予報。

琉球新報社

最終更新:7月28日(木)5時1分

琉球新報