ここから本文です

道徳を教科化すれば戦争がなくなる?…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く

withnews 7月29日(金)7時0分配信

 道徳が教科化されれば戦争がなくなる? ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが、道徳について描きました。

【漫画】「道徳」はこちら。〝30秒で泣ける〟と話題になった「男ってやつは」も掲載

漫画の内容は

 戦争はいけないことだと みんな知ってるけど なくならない

 歩きスマホはいけないことだけど みんな楽しいゲームがあるとしてしまう

 イジメはいけないことだけど 僕もしたことがあるし されたこともあります

 ちなみに僕は小学生の時 ハナクソを食べていて キモいと言われ続けていました

 そういうことをしていなくても 「何となくキモい」という理由で

 みんなイジメたり イジメられたりしていました

 世の中には 「キモい」を売りにして芸人になったり

 「美しい」を売りにして アイドルになったりする人がいます

 道徳が2018年 教科書になって 「キモい」人がイジメられない時代になるのでしょうか

 芸人もアイドルも 「みんな同じだよ」となるのでしょうか

 ハナクソを食べても イジメられないんでしょうか

 戦争もいつかは なくなるんでしょうか

元のニュースは

 文部科学省は、小中学校の道徳を2018年度以降に教科化する方針です。

 道徳の教科化は大津市のいじめ事件を受け、政府の教育再生実行会議が子どもの規範意識などを育てるために提言。文科省は、読み物の登場人物の心情理解ばかりの「読み物道徳」から、「考え、議論する道徳」への転換を目指すとしています。

 文部科学省の専門家会議は今月22日、子どもを評価する方法についての報告書案を了承しました。評価のポイントとして「自分と違う意見を理解しようとしたこと」などを挙げ、子どもがどれだけ成長したかを授業中の発言や感想文などをもとに把握し、他の子と比べず、数値ではなく記述式で評価するそうです。

 その大変さを見越したかのように、評価の記述の文例集がすでに出版されています。

漫画作者・吉谷光平

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

最終更新:7月29日(金)7時0分

withnews