ここから本文です

杏主演映画「オケ老人!」11月公開決定! ティザーポスターで燕尾服姿をお披露目

映画.com 7月28日(木)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 女優の杏が実写映画初主演を飾った「オケ老人!」が、11月11日に公開されることが決定した。あわせて、燕尾服姿で指揮棒を構え、困惑した表情を浮かべる杏を切り取ったティザーポスターがお披露目された。

 「ちょんまげぷりん」の作家・荒木源氏による同名小説を、「ぱいかじ南海作戦」の細川徹監督が映画化。老人ばかりのアマチュアオーケストラ(通称アマオケ)に入団した、若きバイオリニストの奮闘を描く。

 数学教師の千鶴(杏)は、バイオリンの腕前を生かそうと、赴任先でプロ並みのアマオケ「梅が岡フィルハーモニー」への入団を決意するが、勘違いから老人だらけで演奏は壊滅的な「梅が岡交響楽団」に入団。歓喜する老人たちに真実を言い出せない千鶴は、ついに指揮棒を振ることになってしまう。そんななか、演奏会を前にライバルのエリート楽団が登場し、「梅が岡交響楽団」に存続の危機が訪れる。

 公開されたティザーポスターでは、偉大な音楽家のように飾られた肖像画に収まる個性派ぞろいの老人オーケストラメンバーが描かれている。自信に満ちあふれた表情を見せる老人たちと、今にも逃げ出したいといった雰囲気の千鶴の対照的な立場がうかがえる仕上がりとなっている。

 「オケ老人!」は、杏と坂口健太郎、黒島結菜、光石研、笹野高史、左とん平、小松政夫、藤田弓子、石倉三郎、喜多道枝、茅島成美、森下能幸らが共演。11月11日から全国で公開。

最終更新:7月28日(木)10時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。