ここから本文です

10代女性の3割がInstagramを情報検索に利用、10代~20代女性の3人に1人がInstagramユーザー

Web担当者Forum 7/28(木) 8:06配信

インターネット調査のマクロミルは、画像SNSの「Instagram」のユーザー像を明らかにするべく調査を行い、7月26日、調査結果を発表した。調査の結果、Instagramは80%が「知っている」と回答(「Facebook」「Twitter」はいずれも94%)した。アカウントの保有率は20%で、FacebookやTwitterと比較してInstagramは「知ってはいるが使用していない」人が多かった。Instagramアカウント保有者の91%(全体の17%)は、実際に利用していると回答した。性年代別では、10代女性は36%以上、20代女性は34%以上がInstagramを利用しており、この年代層の3人に1人以上はInstagramユーザーであることが分かった。調査は7月15日~19日に、全国15~59歳の男女に対し、インターネットを使用して行った。有効回答数は3,172だった。

インターネットで調べものをする際、情報検索を行う手段にInstagramを利用したことがある、と回答した人は全体の13.9%だった。若年女性ほど割合は高くなり、10代女性では33%が利用したことがある、と回答。20代女性も27%が情報検索にInstagramを使ったことがある、と答えた。Instagramユーザーの特徴は高感度で意識が高く、消費意欲も大きいことが分かった。趣味は「国内旅行」「ショッピング」「グルメ」「海外旅行」で、「ファッション」「雑貨・インテリア」「外食・グルメ」「美容への興味関心が高く、「PC・家電」への興味関心は低い。消費価値観は「良いと思ったものは、思わず他人にも勧めたくなってしまう」が55%(全体平均42%)で「次から次へと欲しいものが出てきて困る」が49%(全体平均36%)といずれも平均を大きく上回っていた。

最終更新:7/28(木) 8:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。