ここから本文です

中井貴一、長澤まさみら「グッドモーニングショー」引っさげモントリオール映画祭へ

映画ナタリー 7月28日(木)5時0分配信

中井貴一、長澤まさみ、志田未来らの出演作「グッドモーニングショー」が、第40回モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門に正式出品されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同映画祭には、中井、長澤、志田、監督の君塚良一が参加予定。海外映画祭に初めて参加する中井は「日本を代表して行くので、リオではなくてモント“リオ”ールで金メダル(グランプリ)を獲ってこられたらと思っています」とコメントを寄せた。

10月8日に封切られる本作は、ワイドショー番組「グッドモーニングショー」のメインキャスター・澄田真吾の史上最悪な1日を描いたコメディ。災難続きの澄田を中井、澄田に憧れを抱くサブキャスター小川圭子を長澤、新人アナウンサー三木沙也を志田が演じた。そのほか時任三郎、濱田岳、松重豊、吉田羊、林遣都らが共演に名を連ねる。

なお第40回モントリオール世界映画祭は、カナダにて現地時間8月25日から9月5日にかけて開催され、最終日に授賞式が行われる。

中井貴一 コメント
エンタテインメント色の濃い本作が海外の映画祭に招待をいただけるのは画期的で、光栄だと思っています。出演した映画が海外の映画祭に招待されることはあったのですが、スケジュールの都合で参加できていませんでした。そういう意味では、初めて海外の映画祭に参加することになりますが、君塚監督、そして長澤さん志田さんら女性陣と一緒に楽しめたらと思います。旅行じゃないんですけどね(笑)。現地モントリオールはフランス語圏らしいですが、一応(学生時代に)第二外国語はフランス語を専攻していましたから……まったく喋れませんが(笑)。「グッドモーニングショー」はテレビの存在意義、なんのためにテレビが必要なのか?を問うている映画なので、きっと国境を越えていろいろな国の方に理解してもらえるのではないかと思っています。さらには日頃から自分の夢と言っている「日本の映画が当たり前のように海外で上映されている環境」へのきっかけになればいいなと考えています。そして、日本を代表して行くので、リオではなくてモント“リオ”ールで金メダル(グランプリ)を獲ってこられたらと思っています。

君塚良一 コメント
ワイドショーの狂騒を描いたこの映画を世界の人々に見てもらえることになり、喜んでいます。朝のワイドショーは世界中で放送されている番組なので、きっと楽しんでくれるでしょう。



(c)2016 フジテレビ 東宝

最終更新:7月28日(木)5時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。