ここから本文です

【ムエマラソン】ムエタイトップファイター来日、全員が優勝宣言

イーファイト 7月28日(木)18時35分配信

 7月29日(金)東京・ディファ有明にて開催される『TOYOTA Hilux Revo Superchamp in Japan』。同大会は1995年からタイのTOYOTAが冠スポンサーとなって開催されている賞金トーナメントをメインとした大会で、通称ムエマラソン。タイ人や外国人の強豪選手が多数出場することで知られており、今回日本で初開催される。

【フォト】この計量の模様

 その公開計量&前日記者会見が、28日(木)同会場にて13:00より行われた。今回のトーナメントは65kg契約で行われるが、日本人選手にはハンデとして+2kgが認められ、67kg契約となる。タイ人4名、日本人4名が一発で計量をクリアーした。トーナメント組み合わせは明日のリング上にて、タイ国大使立会いの元で抽選で決定される。

 出場するタイ人選手はムエタイ協会ライト級王者ペットモラコット・ウォーサンプラパイが人気・実力ともに頭ひとつ抜けているというが、いずれも通常興行ならメインをはっているような選手ばかりが集った。

 ムエタイ協会ライト級王者ペットモラコット・ウォーサンプラパイは「チャンピオンになるために日本へ来た」、ルンピニースタジアム認定スーパーライト級王者チャムアトーン・ファイタームエタイは「今回の調子はバッチリです。誰にも負けない」、イサーンムエタイ協会スーパーライト級王者ヨーディーゼル・ルークチャオメ―サイトーンは「この大会で優勝する自信は100%あります」、MAX MUAYTHAIウェルター級王者シーラリット・チョー・サムピーノンは「この大会のために十分な準備をしてきました。優勝する自信があります」と、いずれも優勝宣言。

 対する日本人選手は、MuayThaiOpenウエルター級王者喜入衆(フォルティス渋谷)が「誰が相手でもとにかく1回戦に全力を注ぎたい」、ICOインターコンチネンタルライト級王者・平野将志(インスパイヤードモーション)が「2カ月前にタイで修行してきたので、それが明日の結果につながると思う」、MA日本ウエルター級王者・為房厚志(MA二刃会)が「ひとつひとつ勝ち抜いて優勝出来ればと思います」、WMC日本ライト級王者・佐藤翔太(センチャイムエタイジムが「3戦とも100%で試合をして最後に優勝したい」と、それぞれコメントした。

 優勝賞金は100万円、準優勝が50万円。試合の模様はタイ国全土に7chを通じて3時間にわたって生中継され、タイではムエタイ専門紙の一面を飾るなど注目度の高い大会だという。果たして、栄冠は誰の頭上に輝くのか。

最終更新:7月28日(木)18時35分

イーファイト