ここから本文です

昨年覇者のデイ、初ラウンドは開幕前日 らしくない準備不足の理由

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月28日(木)12時3分配信

水曜日の朝に行われた記者会見で、ディフェンディングチャンピオンのジェイソン・デイは“似つかわしくない”コメントを口にした。「まだ、練習ラウンドをしていないんだよ。まだ、コースを見ていないから、どんな様子か知らないんだ」。今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の開幕前日のことだった。

【画像】ジェイソン・デイの2人の子供と妻のエリーさん

練習ラウンドはこの日の1回だけ。普段のデイは、メジャー大会の前週金曜日にコース入りし、入念な準備をするのが慣例だ。だが今年は、五輪の影響で過密になったスケジュールに加え、前週もディフェンディングチャンピオンとして「RBCカナディアンオープン」に出場した。

疲れを取るため、通常の月曜に加え、火曜もオフにした。さらに、デイは2人の子供から風邪をもらって体調も万全ではなく、妻のエリーさんがアレルギー発作を起こして水曜の午前2時ごろまで病院にいたという。

幸い、火曜の夜に開催されたチャンピオンズディナーで、バルタスロールのヘッドプロから約30分にわたって全18ホールの情報を聞き取ったというが、普段とは比べものにならないほど開幕準備は遅れている。

直近5試合で優勝はなく、ここ2試合はトップ10入りも外している世界ランク1位のデイにとっては、決して安穏とはいえない状況だ。(ニュージャージー州スプリングフィールド/今岡涼太)

最終更新:7月28日(木)12時23分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)