ここから本文です

【ベトナム】三菱商事、ハノイで分譲住宅の開発に参画

NNA 7月28日(木)8時30分配信

 三菱商事は27日、ハノイで地場ビンミン生産経営輸出入社(ビテクスコ)グループが進めている分譲住宅の開発事業に参画すると発表した。上位中間層をターゲットとして見据えているという。ビテクスコと合弁会社を設立し、今年10月に着工する予定。
 住宅開発事業は、ホアンマイ区でビテクスコが進めている住宅や商業施設、オフィス、学校、スポーツ施設の建設を含む複合プロジェクト「ザ・マノー・セントラル・パーク」の一部となる。プロジェクトの面積は90ヘクタールで、低層住宅約1,000戸、高層住宅17棟・約7,700戸の建設を計画。
 このうち三菱商事が参画するのは、プロジェクトの第1期計画の低層棟240戸と高層棟2棟・1,036戸。ビテクスコとの合弁会社を第3四半期(7~10月)をめどに設立して開発する。出資比率は三菱商事が45%、ビテクスコが55%を予定している。総事業費は約300億円を見込んでいる。
 低層棟は1階部分が店舗になる「ショップハウス」で1戸当たり300~400平方メートル、高層棟は同50~220平方メートルを想定している。低層棟は10月に着工し2017年12月に完工、高層棟は17年3月に着工して19年12月に完工する計画。販売はそれぞれ11月と17年4月に開始予定という。
 三菱商事はこれまでに、同社などが手掛ける南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)周辺でマンション開発を行っており、ベトナムでの住宅開発は今回が2件目。ベトナムでは中間所得層の増加が見込まれ、分譲住宅へのニーズが高まっているほか、15年に施行された改正住宅法により、外国人による不動産の購入要件が緩和されたことから、マーケットの拡大が予想されるとしている。

最終更新:7月28日(木)8時30分

NNA