ここから本文です

dTVの人気ジャンル“マンガ”で人気少女漫画「花にけだもの」配信

CDジャーナル 7月28日(木)16時56分配信

 漫画をコマ割りして動かし、声優がセリフを吹き込み、効果音など音声を付け加えた動画で楽しむことのできる、配信サービス「dTV」による人気コンテンツ“マンガ”の新作として、累計200万部を突破している人気少女漫画「花にけだもの」(杉山美和子原作 / 小学館「Sho-Comi」刊)が8月1日(月)から配信されます。

 恋を知らない転校生の“久実(クミ)”と、イケメンで学園一のプレイボーイ“豹(ヒョウ)”、そして2人の友人である“千隼(チハヤ)”“竜生(タツキ)”“カンナ”が繰り広げる青春ラブ・ストーリー「花にけだもの」。声の出演には花守ゆみり、八代 拓、山谷祥生、梅原裕一郎、東城日沙子らフレッシュな顔ぶれが揃い、主題歌に最新シングル「ナナイロホリデー」が決定したSKY-HIは、「〈ナナイロホリデー〉が“花けだ”の世界に華を添えられれば、そんな嬉しいことはないです。その上で、もし杉山先生の作品を通じて、SKY-HIの音楽にも触れて貰えれば、輪をかけて嬉しいです」とコメント。また、実際の“マンガ”映像を観た原作者の杉山美和子からも、「声優のみなさまもイメージにぴったりで、主題歌もSKY-HIさんの〈ナナイロホリデー〉が最高にカッコいいです! “花けだ”読者の皆様だけではなく、読んだことのない方にも是非にみていただきたいです。絶対オススメです!」と絶賛のコメントが届いています。

©杉山美和子 / 小学館 / BeeTV

最終更新:7月28日(木)16時56分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。