ここから本文です

賀来賢人、原作者からの絶賛にガッツポーズ!『森山中教習所』

cinemacafe.net 7月28日(木)13時15分配信

野村周平と賀来賢人がW主演を果たし、ひと夏のユル~い日々を描く『森山中教習所』。このほど、本作の大ヒットを記念したトークショーイベントが新宿バルト9にて開催され、賀来さん、豊島圭介監督、原作者・真造圭吾が登壇した。

【画像】『森山中教習所』大ヒット御礼トークショー

「月刊!スピリッツ」にて連載された新鋭漫画家・真造圭伍の人気コミックスを映画化した本作。「一生会えないけれど 大切な友達。そういう部分を表現したかったのかもしれないです」と原作者の真造さんが語る主人公の大学生と若きヤクザ役を演じたのは、いま最も輝く若手俳優、野村さんと賀来さん。劇中の音楽は元「SAKEROCK」のメンバー、グッドラックヘイワが担当し、主題歌「Friend Ship」は「友情と愛情の、うまく言葉にできない部分を音楽にしたいと思った」と語る星野源によって書き下ろされ、奇跡のコラボレーションがラストを爽やかに彩っている。

この日の大ヒット御礼トークショーには、上映後の余韻に包まれる観客たちの熱い拍手に迎えられ、賀来さん、豊島監督、真造さんの3人が登壇。本作の見どころや、賀来さんの演じた轟木という役柄の裏話を語り、最後には観客と質疑応答する場面も見られた。

賀来さんが本作で演じた轟木というキャラクターは、原作者の真造さん曰く、「笑っちゃいけないところで笑い、みんなが笑うところで笑わないズレた人間」を意識したことを初めて披露。豊島監督は轟木のバックボーンを想像し、かなり辛い過去をもっている青年として、彼の人生の履歴書を作成、それを賀来さんに渡したという裏話を明かした。賀来さんはその履歴書によって、自身の演じるキャラクターがどうしてヤクザになったのかリアルにイメージすることができたという。

そんな現実だとかなり悲惨になってしまうキャラクターを「映画の中でポップに表現するのが難しかったのでは?」という監督の問いに対し、賀来さんは常に「これでダイジョブですか? ダイジョブですか?」と現場で監督に確認しており、不安だったという意外な胸中を告白。真造さんからは、「原作のイメージとぴったりなしゃべり方で印象に残った」と絶賛された賀来さんは、「かなりクールにもなれるキャラクターだが、同い年の清高に心を開いてくことも意識して、少し子どもらしさを出した話し方で演じることにした」と語りながら、原作者・真造さんの高評価を得て「ッシャ!」と満面の笑みでガッツポーズを見せていた。

そして、トークショーの最後には、観客との質疑応答タイムに。劇場で3回も本作を観たという方からの「(初日舞台挨拶は浴衣で登壇していたのに)今日は浴衣じゃないんですか?」という質問に、「今日はイタリアを意識しました」と場内を笑わす賀来さん。「役作りで課題として取り組んだことは?」という模範的な質問には、「仕込みの人ですか? 素晴らしいです!」と冗談を言い、再び場内が笑いに包まれたが、演技にクセが出やすいという賀来さんは「それをそぎ落としつつも、ロボットになりすぎないように塩梅をつかむことと、セリフが少ない役柄であるため、目の動きを意識した」と真摯にコメント。

イベントの終了時間となると、賀来さんは「このまま3時間くらい喋れますね」と名残惜しげな様子で、映画の教習所での1コマのように、和気あいあいとした雰囲気の中でイベントは終了した。

『森山中教習所』は全国にて公開中。

最終更新:7月28日(木)13時15分

cinemacafe.net