ここから本文です

コロプラ、VRロボット格闘ゲーム『STEEL COMBAT』発表! エイティングが開発、オンライン対戦機能も

インサイド 7月28日(木)17時10分配信

コロプラは、Oculus Rift向けの新作VRロボット格闘ゲーム 『STEEL COMBAT』を発表しました。

【関連画像】

米国のOculus VR社が開発したヘッドマウントディスプレイ“Oculus Rift”で楽しめる一作として登場する『STEEL COMBAT』は、360度全方位を見渡せる仮想現実世界ならでは闘技場を舞台に、個性豊かなロボットたちを操作して戦う近未来型格闘ゲームです。

プレイヤーは、コントロールパッドで自律型ロボット「VR(Voluntary Ranger)」を操作。対戦中に自由に切り替えられる2つのモード「近距離戦闘モード」「遠距離戦闘モード」を状況に応じて使い分けながら、対戦相手の体力ゲージを0にすることで勝利となります。

本作はインターネットによる通信対戦にも対応しており、世界中のプレイヤーと腕を競い合いことも可能。また対戦するだけでなく、ほかのプレイヤーのバトルを最大6人まで観戦する機能も実装するとのこと。さらに、操作やコンボの練習ができるトレーニングモードが搭載される予定です。

本作の開発は、コロプラ子会社であるエイティングが担当。エイティングは、家庭用ゲーム機向け格闘ゲームの開発実績を豊富に持っているため、高い技術力やノウハウを有しています。その経験が、本作におけるVR表現や本格的なゲーム性に反映されており、ユーザーの期待に応える一作として鋭意開発中です。なお本作の配信は、今夏を予定しています。

■『STEEL COMBAT』基本情報
近未来を背景に個性豊かなロボットたちを操作してバトルを勝ち抜いていく本格格闘ゲームです。360度全方位を見渡せる仮想現実世界ならではの闘技場で、自律型ロボット「VR(Voluntary Ranger)」を操って敵を倒しましょう。

・タイトル名:STEEL COMBAT
・配信時期:2016年夏
・対応機種:Oculus Rift

最終更新:7月28日(木)17時10分

インサイド