ここから本文です

履正社・寺島13K完封 日米12球団32人スカウト絶賛!虎は7人態勢

デイリースポーツ 7月28日(木)6時59分配信

 「高校野球大阪大会・5回戦、履正社2-0大体大浪商」(27日、舞洲ベースボールスタジアム)

 ドラフト1位候補の履正社・寺島成輝投手(3年)が、大体大浪商を3安打、13奪三振で完封し8強進出。ネット裏では日米12球団32人のスカウトが視察し、最速は最終回に149キロを計測。140キロのカットボールも披露し、格の違いを見せつけた。

 何度も雄たけびを上げた。左足甲の親指側からは血がにじんだ。それほど力強くプレートを蹴り、こん身の力で腕を振った寺島。被安打3、13奪三振の完封に「今大会では一番のデキでした」と納得の表情を浮かべる。

 試合前、岡田龍生監督(55)に「1点あれば十分です」と誓ってマウンドに上がったエース。「0点にこだわっていた」と立ち上がりからエンジン全開で飛ばした。奪った13三振のうち、実に12個がストレート。残る1つも140キロを計測したカットボールで手を出させなかった。

 九回2死二、三塁のピンチでは、この日最速となる149キロを計測。内角直球で中飛にねじ伏せると、珍しくド派手なガッツポーズまで見せた。相手の大体大浪商のエース・西田光汰投手(3年)も同じドラフト候補。「いい投手なので」と白熱した投げ合いで一歩も譲らなかった。

 ネット裏では日米12球団32人のスカウトが視察。阪神は高野球団本部長ら7人態勢で見守り、担当の畑山統括スカウト補佐が「今までで一番。気持ちも入っていた」と目を細めた。巨人・山下スカウト部長は、1位で3、4球団が競合するかの問いに「それくらいの大型左腕」と絶賛した。

 難敵を退け「目の前の試合を一つ一つです」と力を込めた寺島。悲願の聖地へ-。激戦区・大阪の頂上は確実に見えてきている。

最終更新:7月28日(木)12時48分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]