ここから本文です

「パシフィック・リム2」からチャーリー・ハナムが離脱

映画.com 7月28日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] ギレルモ・デル・トロ監督「パシフィック・リム」(2013)に主演したチャーリー・ハナムが、米サンディエゴで開催されたコミコンでYahoo! Moviesのインタビューに応じ、続編「Pacific Rim: Maelstrom(原題)」に出演しないことを明らかにした。

 「パシフィック・リム」は、大西洋の深海から現れた巨大生命体と、人類が開発した人型巨大兵器イェーガーとの戦いを描くSFアクションで、ハナムはイェーガーのパイロット、ローリー・ベケット役を演じた。ハナムによれば、続編の草稿にはローリーが大きくフィーチャーされていたが、撮影のスケジュールが合わないことから、出演を見送ったそうだ。続投はかなわなかったが、ハナムは「とても楽しみにしている。続編が製作されることになってうれしいよ」と語っている。

 続編はデル・トロがプロデュースにまわり、ドラマ「スパルタカス」で制作総指揮を務めたスティーブン・S・デナイトが監督、「ジュラシック・ワールド」のデレク・コノリーが脚本、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でブレイクしたジョン・ボヤーガが主演する。ストーリーは不明だが、ボヤーガは前作でイドリス・エルバが演じたキャラクターの息子役を演じるようだ。

 「Pacific Rim: Maelstrom」は、2018年2月23日全米公開の予定。

最終更新:7月28日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。