ここから本文です

箕島“尾藤チルドレン”聖地へあと1勝 ノーシードから確かな成長

デイリースポーツ 7月28日(木)6時59分配信

 「高校野球和歌山大会・準決勝、箕島7-1和歌山東」(27日、紀三井寺野球場)

 “尾藤チルドレン”が聖地へあと一歩に迫った。箕島が和歌山東を下し、前回甲子園に出場した2013年以来の決勝進出。四回に田中脩也捕手(3年)の2ランで先制すると、五回にも6安打5得点の猛攻を見せた。

 故尾藤公・元監督の長男で13年から母校を率いる尾藤強監督(46)が初めて1年時から育てたのが現在の3年生。中盤の猛攻は「お調子者が調子に乗った」と同監督は笑う。しかし、攻撃に加えて先発の福居蓮矢投手(3年)も8安打1失点で粘りの完投と、ナインはノーシードから確かな成長を見せてきた。

 3年前の甲子園を見て箕島に憧れたという田中脩は「本当は喜びたいけど、今日勝っても甲子園に行けないから」と笑顔は封印。指揮官の「謙虚に」という教えも生きている。

最終更新:7月28日(木)7時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]