ここから本文です

ノーラン監督新作「ダンケルク」撮影中の1Dハリー・スタイルズをキャッチ

映画.com 7月28日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 英バンド「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズが、映画俳優デビュー作となる、クリストファー・ノーラン監督の新作「ダンケルク(Dunkirk)」の撮影現場にいるところをキャッチされた。

 ノーラン監督が脚本を執筆した「ダンケルク」は、第2次世界大戦中の1940年5月から6月にかけて、ドイツ軍が侵攻した仏ダンケルクから、連合軍の兵士約30万人を撤退させた「ダイナモ作戦」、通称「ダンケルクの戦い」を描く。

 スタイルズはこの日、英ドーセット州の鉄道駅で、列車の窓から見送りの群衆に挨拶するシーンの撮影に臨んでいたようだ。「ダンケルク」は、スタイルズほか、英女優フィオン・ホワイトヘッドや英俳優ジャック・ロウデンなど現時点では無名の若手俳優たちがキャストの中心となる。

 一方、脇を固めるのは、ノーラン監督作常連のキリアン・マーフィを始め、トム・ハーディ、ケネス・ブラナー、ジェームズ・ダーシー、マーク・ライランスらベテラン勢。米ワーナー・ブラザースの製作・配給で、2017年7月21日の全米公開が決定している。

最終更新:7月28日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。