ここから本文です

ミラン退団のボアテング、新天地はスペインか

ISM 7月28日(木)11時59分配信

 昨季でミラン(イタリア)と契約満了となったMFケヴィン・プリンス・ボアテング(29)が、ラス・パルマス(スペイン)加入へ向かっているようだ。スペイン『AS』紙(電子版)が地元紙の情報をもとに、現地時間27日に伝えている。

 地元紙『Canarias en Hora』の報道によると、ラス・パルマスのミゲル・アンヘル・ラミレス会長と選手側が交渉を続けており、今週中にも結論が出る見込みとのこと。

 ボアテングは2010年から13年までミランでプレーし、67試合16ゴールとキャリア最高の時期を過ごした。13年8月に加わったシャルケ(ドイツ)では、クラブとの関係悪化により15年12月に契約解除。翌月にミランへと復帰したが、7試合の出場にとどまり、昨季限りで契約満了となっていた。

最終更新:7月28日(木)12時0分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合