ここから本文です

<檀れい>「かける言葉がないくらい美しい」 インド映画監督からラブコール

まんたんウェブ 7月28日(木)17時24分配信

 女優の檀れいさんが28日、インド大使館(東京都千代田区)で行われたインド映画「PK」(ラージクマール・ヒラニ監督)のジャパンプレミアにスペシャルゲストとして登場。今回初来日を果たしたヒラニ監督から「かける言葉もないくらいお美しい。ぜひ日本で(檀さん演じる)日本人女性とインド人男性が恋に落ちるラブストーリーを作りたい。そのときは私は監督ではなく(相手役として)出演したいと思います。インド映画に出ないですか?」とラブコールを送られると、「踊りの練習をしておきます!」と笑顔で返していた。

【写真特集】エレガント!真っ赤なミニドレスで登場 全身も

 「PK」は、日本で大ヒットした「きっと、うまくいく」のヒラニ監督と主演のアーミル・カーンさんが再タッグした作品で、インド映画としては初めて世界興行収入100億円を突破。コメディーやラブストーリー要素のほか、差別や偏見といった問題にも鋭く切り込んでおり、ヒラニ監督は、同作について「神や宗教の見方を示している作品。我々が神を守る必要はない。神は自分で自分を守れるのだから、『私の神が一番だ』と争うのはやめて、我々人間として共存していけたら平和な世の中になるというメッセージが込められています」と解説している。

 ジャパンプレミアには、「永遠の0」の山崎貴監督も出席。前作「きっと、うまくいく」のファンだという山崎監督は同作について「本当に面白かった。心からやられたなって。気がついたら泣いていた。昨日会社で見ていたんですが、スタッフからからかわれるぐらい泣いてしまった。宝物のような時間をいただいた」と語り、「伏線の回収も素晴らしいし、楽しい時間を過ごしたあとに、確実に大事な何かが心に残る作品。エンターテインメント映画がやるべきことを完璧に成している。しかも2作続けてこれだけのクオリティーの高い作品を作るのは本当にすごい」と絶賛した。

 同作を鑑賞した檀さんも「思い出したら涙が出てくる……」と目を潤ませながら、「とっても感情が忙しかったです。くすっと笑ったり、はらはらさせられたり、次は何が起こるんだろうとドキドキしたり、また主人公のまっすぐな心をいとおしく思ったり。最後は流れる涙を止めることができなかった。私もエンターテインメントの端っこでお仕事をさせていただいているんですが、改めて、映画が持つ力のすごさを再認識させていただきました」とその素晴らしさを語った。

 映画は、地下鉄で黄色いヘルメットをかぶり、大きなラジカセを持ってあらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男「PK」が主人公。インドでテレビリポーターをするジャグーは、ネタになると踏んで、その男を取材することに……というストーリー。10月29日公開。

最終更新:7月28日(木)17時42分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。