ここから本文です

DCコミックス・カルト作品原作のTVシリーズ『プリーチャー』、10月DVDレンタル開始

CDジャーナル 7月28日(木)16時56分配信

 『ブレイキング・バッド』『ウォーキング・デッド』を生んだ米「AMC」が、俳優としても活躍するセス・ローゲンと『ブレイキング・バッド』のスタッフを企画・製作総指揮に迎えてカルト的人気を誇るDCコミックス / ヴァーティゴのガース・エニス原作コミック「Preacher」を実写化したTVシリーズ『プリーチャー』。同作がいよいよ日本上陸。シーズン1のDVDレンタルが10月7日(金)よりスタートします。

 過去の罪悪感に苛まれ信仰心を失いかけていた片田舎の牧師が、体内に入り込んだ“何か”によって神にも匹敵する力を得てしまう『プリーチャー』。主人公の牧師ジェシー・カスター役は、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』でトニー・スターク(アイアンマン)の父にあたる発明家ハワード・スタークを演じたドミニク・クーパー。『Misfits / ミスフィッツ - 俺たちエスパー!』でルディ役を務めたジョセフ・ギルガンが大酒飲みの吸血鬼・キャシディ役で登場するほか、近年では『エージェント・オブ・シールド』のレイナ役での怪演が記憶に新しいルース・ネッガもジェシーの元恋人・チューリップ役で登場。原作のダークなテイストを引き継ぎ、神学的なテーマも盛り込んだヴァイオレンス・アクションとなっています。本国ではすでにシーズン2の製作も決定。

 レンタルの開始に先駆け、YouTubeでは添削の匠・赤ペン瀧川先生による「海外ドラマ『PREACHER プリーチャー シーズン!』を添削」動画(youtu.be/Fr8X3H9MnQY)も公開中。なお、セルBlu-ray / DVDも10月12日(水)に発売が決定しています。

最終更新:7月28日(木)16時56分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。