ここから本文です

【クイーンS】リラヴァティ北海道初参戦・重賞連勝へ松若を背に反応上々

デイリースポーツ 7月28日(木)7時0分配信

 「クイーンS・G3」(31日、札幌)

 勢いは止まらない。マーメイドSで重賞初制覇を果たしたリラヴァティは27日、函館Wで最終リハ。栗東では坂路での調教を主体としているため、コースでの追い切りには不慣れだが、ソツなく対応して力強い伸び脚を披露した。5歳夏を迎えて充実一途。今の勢いがあれば重賞連勝も十分に可能だ。

 しんしんと雨が降り注ぐ、朝一番の函館競馬場。すっぽりと笠雲を被った函館山をバックに、重賞連勝を狙うリラヴァティが最終リハに臨んだ。

 栗東から駆けつけた松若を背に、函館Wでニューダイナスティ(7歳オープン)と併せ馬。道中は付かず離れず、僚馬をピタリと追走。直線でゴーサインが出されると、しっかりと反応して5F70秒7-40秒3-12秒9をマークした。

 ゴール前で半馬身先着。攻め駆けしないタイプだけに、これだけ動けば上出来だ。感触を確かめた松若も「馬が気持ち良く走れるように心掛けました。いい感じで走っていましたし、直線の反応も良かった。体調は引き続き良さそうです」と内容に合格点を与えた。

 前走のマーメイドSで重賞初制覇。直線でいったんかわされながらも、ゴール前で差し返す根性を見せた。「女の子ですが、並ぶとしぶとい。勝負根性がある」と松若が言えば、桑村助手も「気の強さが持ち味」と“競り強さ”をセールスポイントに挙げる。舞台は開幕週&小回りの札幌芝。先行力と勝負根性は大きな武器となる。

 札幌どころか、北海道で騎乗するのは初めてという松若だが「リラヴァティは小回りが得意そうだし、僕も小回りは好き。深く考えないで、しっかりと乗りたい」と前向きだ。別定戦の今回は相手も強化されるが「自分の競馬さえできれば。馬を信じて乗りたい」と意気込み十分。持ち味をフルに引き出し、再び重賞タイトルをもぎ取ってみせる。

最終更新:7月28日(木)7時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]