ここから本文です

中国滞在中のドルトムント、トゥヘル監督が地元ファン賞賛

ISM 7月28日(木)17時12分配信

 夏の親善大会、インターナショナル・チャンピオンズカップ(以下ICC)のアジアラウンドに臨んでいるドルトムント(ドイツ)。トーマス・トゥヘル監督は地元ファンの歓迎に感謝を示している。クラブ公式HPが伝えた。

 ICC出場のため中国を訪れているドルトムントは、22日に同大会でマンチェスターUに4対1で勝利。28日にはマンチェスターC(以上イングランド)との試合を控えており、上海から深センへと移動した。

 中国で多くのファンと触れ合い練習を行なうことについて、トゥヘル監督は「世界的に有名なクラブにおいては、ホームに籠って6週間非公開練習を行なうといった考えは捨てなければいけない」と語り、「コーチングスタッフやチーム、クラブの全員が楽しんでいるこの経験は、我々をより成長させ、見分を広めてくれる。この体験を最大限に活かしたい。新シーズンに向けた準備としても、思い通りのトレーニングができている。ここ数日間の練習やマンチェスターU戦を見れば、真剣に取り組んできたことがわかるはずだ。選手たちを心から称賛したい」と語った。

 同監督はまた、スタジアムや現地のファンを称賛。ホテルの前で選手にサインや写真撮影を求めるために、26時間かけて来たというファンの話に「大きな感銘を受けた」と話している。

最終更新:7月28日(木)17時12分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]