ここから本文です

「グレイズ・アナトミー」のエレン・ポンピオ、摂食障害とボトックスの噂を否定

cinemacafe.net 7月28日(木)18時15分配信

アメリカで9月にシーズン13を迎える「グレイズ・アナトミー」に主人公のメレディス・グレイを演じているエレン・ポンピオ。その細身のスタイルから、常に「摂食障害では?」とメディアに書き立てられ、それによって自分に自信が持てなくなってしまっていたそうだ。そんな彼女がついに「People」誌で抗議の声を上げた。

【写真】エレン・ポンピオ/フォトギャラリー

「私を摂食障害者として扱うメディアはとても無責任だっていつも思ってた。もし私に憧れている女性たちがいて、私みたいにならなきゃって思ったらどうするの? 恐ろしい考えだわ…」とメディアを批判し、自分はあくまでも「生まれつきやせているだけで、摂食障害には一度もかかったことがない」と主張した。

また、エレンにささやかれるもう1つのうわさ「ボトックス」についても「個人的に私はボトックスは打たない」とこちらも否定。「テレビで老けた自分を見るのは、この仕事のツライ部分の1つでもあるけど…」と前置きしながら、「20代30代の頃は見た目に執着するわよね。それって、知恵がないからよ。でも私は年を重ねて知恵がある。年を取るっていうのはある意味特権で、誰にでも与えられているわけではないってことを知っているもの。見た目の美しさを失ったって、健康で家族がそばにいてくれる方がよっぽど大事よ」と力説した。

最終更新:7月28日(木)18時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。